ツバメの数が減って来ているわけ、ツバメの敵は?2015.5.24

今年も、我が家にて、ツバメのヒナちゃんたちが生れました

大きくなあれ~
大きくなあれ~ posted by (C)緋佳

今年の巣は、私の手作りなんですよ~



さて、

ツバメの季節になると、カラス嫌いが増える

その理由は、
ツバメの一番の天敵だからです
ツバメ好きにとって、カラスはにっくき存在

でも、二番目の敵は、何だかご存じ?

猫?ヘビ?

違います
それは、人間なんです

人間による営巣妨害
つまり、巣を撤去したり、巣を作らせないようにすること

ツバメの数は40年前と比較して約三分の一に減っているとのことですが
その二番目の原因が人間だったのです


昔は、納屋や土間があって、出入口は開けっ放しだったりして
そんな中に巣を作ったり、軒下も奥深くて安全
人もそれを歓迎し、ツバメさんは、人の身近で守られて生きてきました

でも、もう納屋とか広い土間のある家なんて、そうそうありませんよね
ツバメさんが自由に出入りできるように、開けっ放しなんてこともない
軒先に巣を作ろうにも、奥の深い軒先も無くなりました

ツバメさんは、仕方なく、自由に出入りできる車庫や
比較的軒に奥行のある玄関先で営巣するようになりました

そして、危険が増えました
家屋の中までは入って来ないカラスや他の鳥に襲われる危険も増え
人が追い払ってくれるはずのヘビにも狙われ
車庫に置いてる車の上には猫がきて巣に飛びかかる

さらには、軒は浅くて、巣が目立つ
外壁はツルツルしてて泥が付きにくいので
巣の落下も増えました


そんなふうに苦労しているツバメさんに対する、人間の妨害

それは、清潔志向が高まったことによるものが大きい
「糞が汚い、不潔だ」
「鳥インフルエンザを運んでくるかもしれない」
「外壁を汚されるのはいやだ」
「野鳥の巣はダニが湧くので困る」

との理由から、巣を落としたり、ツバメを追い払ったり

それが、ツバメの数が減りつつある二番目の大きな原因だったのですね


糞が多く落ちるのは、巣立ち前の二週間だけです
インフルエンザはツバメは関係ありません
外壁が汚れるのはちょっと目を瞑ってあげてください
昔ながらの泥と藁で造る巣、人間をまねたのでしょうか
ダニが湧いたとしても、ツバメがいる間はダニは巣から出てきませんし
家の中の営巣でなければ、人に害が及ぶこともないでしょう


ところで、カラスが一番の敵と言いましたが
そのカラスの数が増えたのは人のせい
増えたカラスの餌は少なくなった、これも人のせい
他の野鳥の巣は敵に見つからないよう工夫されて
なかなか見つけることはできませんが
ツバメの巣は、ここで子育てしてますよ~と言わんばかりに目立つ
餌不足のカラスが襲うのは当然でしょ

これはツバメが、人のそばで子育てをして
人に守ってもらおうと決めたからこそです

猫の被害も多いです
猫は人が管理すべき動物
猫の被害は、人が悪い


こんなふうに、ツバメさんは近年苦難を強いられています
ツバメが見られなくなるのは、実に寂しいことですね
ツバメが来てくれるって、とてもラッキーじゃないですか
人の近くで営巣することを選んだツバメさんを裏切らないで
どうか、皆さん、ツバメさんを温かく迎えてあげてくださいますように


こっちも読んでみてね
*ツバメ減少 巣作り困難
*消えゆくツバメをまもろうキャンペーン
わが街のツバメ、探そうよ 全国調査のサイトに投稿可能
*ツバメかんさつ全国ネットワーク

ヒナちゃんが生れました
つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

毎日新しいお買い得情報を自動更新
 

Category : 2015年
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

影で遊ぶミルク2015.5.22

ミルクは臍の緒がついた状態でうちにやってきました
ミルクの記録

大事に育てたのに、気難しい猫ちゃんに育ちました~
今は、我が家にて、悠々自適、好き勝手に過ごしてまっす

朝日が差し込んだときの、ひとり遊び

捕まえるぞ!
捕まえるぞ! posted by (C)緋佳


まて~!
まて~! posted by (C)緋佳


あれは、だれだ!
あれは、だれだ! posted by (C)緋佳



ヒナちゃんがが生れました
つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

毎日新しいお買い得情報を自動更新
 

Category : 2015年
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

備えあれば憂いなし、喉頭麻痺のエステル2015.5.16

動いているときは、いつもゼイゼイしてますが
静かに横になっている時、寝ている時は落ち着いてます
・・少しイビキっぽいかも、は気になりますが

喉頭麻痺は、治らない病気、ゆっくり進行してゆく
暑さと過度な興奮には気を付けなければいけない
全身的に末梢神経障害が起こり始めている可能性もある
呼吸を楽にするためには、手術しかない
手術をすれば呼吸は楽にはなるけれど
誤嚥性肺炎等の合併症で予後はあまり良いとは言えない


エステルの場合は、まだ軽度
散歩では「もう帰ろうよ、おかあさん」と
外を歩くことをあまり好まなくなったけど

庭ではボール遊びをせがむ元気は変わらない

まだまだ~
まだまだ~ posted by (C)緋佳

呼吸が気になり始めてから
無理にならないように気を付けながらのボール遊びとなっています
ココアもやり過ぎは禁物なのでほどほどに



毎日の新聞運びは欠かしていません

新聞運び
新聞運び posted by (C)緋佳


わたしのお仕事ですから~ニコニコ
毎日のお仕事
毎日のお仕事 posted by (C)緋佳

(4月に撮影したので花吹雪)


そうだよね、楽しく過ごすことこそが一番
進行はゆっくりなんだから
あと何年も頑張れるかもしれないよね

あそぼう~
あそぼう~ posted by (C)緋佳


だけど、夏が心配です~
近年は猛暑続きですしね~

暑くなると、健康な犬でもハアハアと苦しそうになるのに
喉頭麻痺があると呼吸困難となって
体温が上昇して熱中症を起こしたり
突然死の可能性もないとは言えない・・ と

心配な夏を無事に過ごせるように
急なときにすぐに使えるように

今から、備えておくことにしました


※酸素缶


使わずに済むなら、それに越したことなし
呼吸困難に陥った時、とっさに使えるように


※クールベスト


暑いときはこれを着てお外に




ただいま抱卵中です
つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

毎日新しいお買い得情報を自動更新
 

Category : 2015年
Posted by 緋佳 on  | 2 comments  web拍手 by FC2

ああぁ~転んじゃった~2015.5.15

庭で作ってる「さやえんどう」
今年もおいし~い

サヤエンドウ
サヤエンドウ posted by (C)緋佳

摘んだらすぐに食べられる新鮮さ
プリップリの弾けるジューシーさ
さっと茹でたときの鮮やかな緑
鞘のシャキシャキ感と
若いお豆の柔らか~な食感との組み合わせ

さあ、今日も大満足だわ~


あら、スダチの花も満開、いい香り~

スダチの花
スダチの花 posted by (C)緋佳

今年も、たくさんのスダチの収穫ができそうで嬉しいなぁ~



の、ルンルン気分の、次の瞬間

小さな菜園から出ようとして、、、、
後ろになった左足に、畑のアミが引っかかったぁ~

あれ?あれぇ~~?

あらららら~~~ ドテ~!!


完璧に転びました

膝がかなり痛かったけど、ちゃんと手は付いた
手のひらは、ちょっとだけ皮が剥けた、直径5ミリ
騒ぐのほどのことでもない

右手に持っていたハサミで傷つかなくてよかった、ホッ


そのあと、別にどこも痛くなし
手に絆創膏を貼っただけ


と、転んでも
なんの懸念もなく一日を過ごしたのは、昨日のこと


問題は、一晩経った本日の朝

イテテテテテ、、、、 ア、イテテテテテ

左首すじから肩、腕、背中、特に痛く
右は腰、臀部から足にかけて、痛い
膝には内出血が

そして、
あれ?足首とかも、ちょっと痛い?
あれ?こっちもほうも?あっちのほうも?

骨折しなかったのは幸い

あちこち湿布貼り
痛み止めのんで、治るのを大人しく待つことにしましょう~



転んだ目の前にある木

ロウバイ
ロウバイ posted by (C)緋佳


花が実になりました

蝋梅
蝋梅 posted by (C)緋佳
(2011年1月9日 撮影)


ただいま抱卵中です
つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

毎日新しいお買い得情報を自動更新
 

Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

エステルは「喉頭麻痺」との診断2015.5.12

昨年秋ごろより、エステルの呼吸が気になり始め
脾臓が悪くなって貧血を起こしているのではないか
心臓疾患は大丈夫だろうか、と、心配し続けてきました

少しの散歩でも、ゼイゼイというようになってきました


(2015年4月撮影)


・2014年10月28日
足にできた腫れ物と呼吸音に関して相談
血液検査 異常なし
心音 異常なし
足への皮ふ塗り薬をいただき
混合ワクチン接種 爪切り


・2014年11月22日
ゼイゼイの呼吸の様子を録画で見ていただく
なかなか良くならない皮膚炎の細胞検査 良性
気管支炎の可能性と皮膚炎の治療を兼ねて、薬を処方される、1週間分
ノイチーム 30㎎
ビクタスS 80㎎


・2014年11月29日
引き続き、1週間分
ノイチーム 30㎎
ビクタスS 80㎎


・2014年12月6日
引き続き、1週間分
ノイチーム 30㎎
ビクタスS 80㎎


・2014年12月13日
引き続き、2週間分
ノイチーム 30㎎
ビクタスS 80㎎


・2015年1月6日
ゼイゼイ良くならないので、エックス線検査 
気管支がわずかに白く写る 心臓等、他は異常なし
ネオフィリン 100mg
ビクタスS 80㎎
2週間分


・2015年1月19日
再診 皮膚炎は治癒
呼吸に関しては投薬に効果なし 投薬中止
爪切り


・2015年4月7日
健康診断 シニア生化学 血液検査
健康診断 セルタック
フィラリア抗原検査
爪切り
ミルベマイシンA錠(5月から12月まで)

血液検査の結果は郵送にて報告あり
「3~4週間あけて再検査をお勧めします」とのこと


・2015年5月11日
新たな録画を見ていただくと同時に
4月の血液結果で白血球数が少なかったこと、
カルシウムが多かったころなど踏まえて血液生化学再検査 
結果、すべて正常値 心音異常なし
心音は3人の先生が異常なしとの診断
狂犬病予防接種


今までの検査、投薬を鑑みての先生の診断
youtubeの映像にて、エステルと同じ症状の犬の説明を受ける

喉頭麻痺

高齢の大型犬に起きやすい呼吸の異常、ラブラドールにも多く発症する
喉頭が麻痺することが原因で空気を吸うことが困難になる
呼吸がしにくくなるので、呼吸音に異常が生じる
ホルモン異常による筋肉神経系のトラブル、喉の損傷炎症、神経周辺の腫瘍





・喉頭麻痺について先生のお話
『100%そうであるかどうかは、麻酔をかけて内視鏡検査が必要
気道周辺に腫瘍ができて圧迫している可能性もゼロではない
ただ、麻酔をかけて危険を冒してまで検査する必要があるかどうか
内視鏡検査の結果、喉頭麻痺であっても腫瘍であっても
治すには手術しかないが、再度麻酔をかけて手術を決行するかどうか
この子の寿命等を考えて、手術が良い選択かどうかは分からない
手術を望まないのであれば、内視鏡検査も意味がないと思う
喉頭麻痺の手術は、気管の入り口を開放する手術なので
手術後は、今度は、誤嚥の危険がつきまとうことになる
エステルの場合は、まだ軽度の症状なので
しばらくは、このままで様子をみてはどうだろうか
夏は、特に気を付けて過ごさせてあげることが大事
様子に変わりがあったら、そのときどきで対処してゆきましょう』


上気道閉塞性疾患 ⑦ 喉頭麻痺 1
(以下、一部転載させていただきました)
『 すべてのタイプの喉頭麻痺に共通する症状は、嗄声、興奮
時ストライダー(上気道性喘鳴)を伴った吸気努力、および
運動不耐である。症状は進行性であり、とくに夏期に顕著と
なる。』
『軽~中症であれば、安静時や睡眠時にはほぼ無症状
であり、運動や暑熱環境下に曝露されないかぎり重篤な臨床
徴候は示さない。ギャギング(ゲーゲー言う症状)、レッチ
ング(悪心を伴う空嘔吐)、単発性発咳などが、喉頭周囲の
咽頭分泌物増過によってみられることがある。一部の例で空
気嚥下に伴い、嘔吐や吐出がみられる。上気道閉塞性疾患に
共通するが、ストライダー時には高率に高体温が生じ、熱中
症の症状が現れる。』
『 最近、後天性特発性喉頭麻痺は緩徐に進行していく全身性
神経筋障害の一症状であると考えられるようになり、予
後の考え方が変わってきた。術後一定期間は満足いくQOL
を維持できるが、1 年程度経過すると神経筋疾患、運動失調、
筋萎縮、後肢麻痺あるいは前庭障害などの進行性の神経症状
が出現する。食道機能不全も後天性特発性喉頭麻痺の発症
時から合併しており、声門開口術に伴い、食道機能不全の程
度が誤嚥性肺炎発症に寄与している。近年、後天性特発性
喉頭麻痺の中央生存期間は12 カ月であったと報告されてい
る。これらの知見をもとに、飼い主へのインフォームド・
コンセントと慎重な治療方針を決定していく必要がある。』

臨床徴候と検査所見相模が丘動物病院



苦しむことがありませんように
それが、一番の願いです



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

Category : 2015年
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。