子犬を親から引き離す日数は?

子犬を親から引き離す日数は?=どうなる動物愛護法改正

 今や飼い犬、飼い猫は15歳未満の子どもの数を上回る。そんな家族の一員として大切なペットにも関わりの深い動物愛護管理法(動物愛護法)が今年改正される予定だ。
 5年に一度見直される動物愛護法。環境省は2010年8月から、法律改正に関する議論を重ねてきた。昨年12月には報告書が出され、「病気の子猫が送られてきた」などとトラブルが多いペットのネット販売、幼い犬猫をイベント会場で販売する移動販売には規制の必要性が盛り込まれた。
 一方、子犬などを販売するために親犬や兄弟犬から引き離す時期(日齢)は最も大きな争点。「あまりに幼くして親兄弟から離すと社会化されずにほえる、かむなど問題行動が出る」と、生後「8週齢」を訴える意見に対し、業界は「日齢が長くなると、ワクチン、えさ、設備などコスト増になる」と「45日」を主張している。(時事ドットコム 2012/03/09-19:12)


埼玉県保護収容動物情報
迷子のワンチャン捜しています

つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ  

毎日新しいお買い得情報を自動更新
 

関連記事

Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。