心配事マルちゃんのこと2012.10.11

今夜は7時ごろから突然の大雨となりました

こんな日は「外の動物たちどうしてるかなぁ」と気になります

逞しく生きる野生動物たちのことは心配しても仕方なし

でも、本来、人の庇護のもとで生きるべき犬や猫が
雨に打たれているかもしれないことを思うと心が痛む

鎖でつながれ、または閉じ込められて
外で過ごすことを強いられていれば
雨をしのぐ場所に移動することもできない

外飼いをすべて否定するつもりはないです
それなりに愛情深く心配りされていれば良いのです


・・と、突然に書き出したのにはわけがある

いつも閉じ込められて飼われている
あのマルチーズのマルちゃんの小屋の屋根が、ずーっと開けっ放しなのです

気づいたのは、台風の次の日

「台風で小屋の中が濡れたので乾かしてるんだな」
「マルちゃん台風の夜も一人ぼっちで過ごしたんだな」
「マルちゃんが濡れなかったか心配だな」と思った

でも、そのあと、ずーっと屋根は開けっ放し

さすがに気になり始めました

マルちゃんが無事でいるのかどうか、確認できません

今日は、マルちゃんを飼っている家の親戚の方に
「マルちゃんの小屋の屋根が開けっ放しなんですけど大丈夫でしょうか」
と、聞いてみましたら

「あそことはもうほとんど行き来してないので判らないけど」
「あの飼い方は虐待よね」
「世話しないのに飼うんだよね~」
「できればそのうち様子を聞いてみますね」とのこと

私が自分で、マルちゃんを見に行けば良いのだけど、、
マルちゃんの飼い主さんと話をしに行けば良いんだけど、、

付き合いのない家の敷地内へ入り込むことは出来ない
良い評判を聞かないご近所とトラブルを起こすのは避けたい

という保身のほうが先に立つ

隣の犬のこと
「ご近所さまのことに口出しはしないこと」
と言われたことも思い出し
まさにその時の大人と同じになってる自分に気づく

夜の間にコッソリと見に行こうか
いやいや、見つかったら、まずいことになるでしょ

電話で「マルちゃん大丈夫ですか」って聞いてみる
いやいや、やっぱり、できない

あれこれ思うほどに
ますますマルちゃんが心配で苦しく
そして、こんな自分が情けなく落ち込むので
今夜はなにも感じない無感情の人間となっていることにする


≪追記:10月12日≫
翌朝も屋根は開けっ放し
屋根の片側をはずして、もう片側のほうへ裏返しに置いてある
そのはずした屋根が置かれている状態に変化なし
いくらなんでも、昨夜の雨降りでこのままなんて考えられない
マルちゃん、もういないんじゃないか
猛暑だった今年の夏を越せなかったのかもしれません・・

≪追記:10月21日≫
マルちゃんの小屋の屋根は、そのままです
そのあとの大雨の夜もそのままでした
マルちゃんの気配が全く感じられないので
やはり、もういないようです


埼玉県保護収容動物情報

お家はどこ?(迷子の情報掲示板)

つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ  

関連記事

Posted by 緋佳 on  | 4 comments  web拍手 by FC2

4 Comments

緋佳 says..."うららさんへ"
マルちゃんの小屋は雨ざらし状態です。
いくらなんでも考えられないので、マルちゃんいないのかなぁーと思います。
マルちゃんのことでは、親戚の方に何度もお話したことあり
その家の男の子(今高校生)とも話したことあり
実は、保健所の方に見に来てもらったこともありますが、
ここの地区の保健所の担当の方は×です。
「犬小屋あれば大丈夫でしょ」って感じ。

うららさんもご近所の犬のことでは胸を痛められたのですね
アニマルポリスほしいですね~

ハリーちゃん、やんちゃ盛りですね、めっちゃ可愛いです
2012.10.14 18:04 | URL | #- [edit]
緋佳 says..."ぷーどる♀さんへ"
マルちゃんを飼っている家とはお付き合いはないので
マルちゃんのことで、わざわざ訪ねては行きにくいです。
ここ数日、様子を見てますが、、、
マルちゃんはもういないように感じますーー。


2012.10.14 17:29 | URL | #- [edit]
うらら says...""
マルチーズのような小さい子が外で飼われているのもあまり見た事無いのに
小屋の屋根が雨なのに開けっぱなし?(-"-)

世話しないのに飼う?理解できません。生き物なのに・・
確かに口頭で注意はしづらいですよね、近所ならばなおさら。
アメリカみたいにアニマルポリスがあれば、即通報なのに。
匿名で手紙にして改善を願うとういうのは、どうでしょうか?

実はうちの隣の家で以前飼われていたミックス犬も虐待に近い酷いものでした。
鎖につながれっぱなしで散歩は一度もさせず、鎖がからまり1メートルくらいしか
動けずにいたりご飯は残飯で油ものだらけ、水入れは苔が生え汚い水を何日も
そのままだったりその子がこぼしてしまい、真夏なのに水がカラカラという事もありました。

あまりにも可哀そうなので散歩を頼んでも忙しいから出来ないとの事で、うちが週に2回
くらいでしたが連れて行ったりドッグフードをあげたりしていました。
犬の登録もしていないようで当然フィラリアの予防等もしていないので、どんどん衰えて
いき老犬になる前に亡くなりました(/_;)
おそらく医者には一度も連れてってもらってないです。

マルちゃんやこの子みたいな子がたくさんいるのかと思うと本当に心が痛みます。
でも保健所に飼えないと飼い犬を持ちこみ殺処分させる飼い主に比べたら、ましなの
でしょうけどやりきれないです。
2012.10.13 21:42 | URL | #- [edit]
ぷーどる♀ says...""
マルちゃん どうなっちゃったのか
気になって気になって でも、付き合いのない、
しかも、親戚の人すら疎遠になっているようなお宅には
ご近所であれば、なおさら尋ねにくいものですね。
先日の台風の中、マルちゃんはどうしていたのか…。
飼い主と一緒に家の中にいる子ですら
抱きしめても怖がっていたりするのに…。
マルちゃんにも 他のひとりぼっちの子らにも
いつか、穏やかに過ごせる日が訪れてほしいです。
2012.10.12 18:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。