エステル肥満細胞腫との診断 2013.10.15

おととい、久しぶりにエステルををシャンプーしたのです

混合ワクチン接種のときがきてたので
病院に連れて行かなくっちゃ~
少しはキレイにしてゆきましょ!

そのとき、

腰のあたりにちょっこんと毛が剥げている箇所を見つけた
ふつうにしていると周りの毛にかくれて見えないけど

肥満細胞腫
肥満細胞腫 posted by (C)緋佳

あ~、なにか虫刺されか?くらいにしか感じなかった・・


でも、なにか、虫の知らせか、できるだけ早く診てもらおうと思って
朝8時半に家を出て病院が開くのを並んで待った、3番目
9時になったら、どんどん増えてきて待合室は満杯状態

爪切りや、ヒジのタコを診てもらったりして
ワクチン接種のついでに健康診断の意味で血液検査
検査結果すべて正常で、一安心

で、診てもらった、その「はげ」

先生もあまり深刻そうではなく
「じゃあ、様子見で後日に」

一度は診察室を出たものの何か気になる
待合室が混んでたらそのまま帰ったかもしれなかった
けど、不思議なことに、あんなに混んでた待合室、ガラーンとしてて
「先生、もう一度、診てもらえますか」ってお願い

そして、してもらった穿刺検査

先生の反応が、、なにか難しそうな感じ?
「肥満細胞腫」との結果 直径1センチ

先生が「肥満細胞腫」の説明を始めるも、、、
すごくショックで平常を装いながらも心は茫然としていて
先生の言葉は空回り、なにを言ってるのか良く理解できない・・

手術?抗がん剤治療?投薬?余命は?
頭の中がグルグルして、涙が出るのをこらえる

「ラブラドールの10歳はかなりの高齢ですよ」
「もう身体的に弱ったり悪くなってきてもおかしくない」
「そろそろ寿命だと覚悟も必要ですね」

まだ、こんなに元気なのに、信じられない

「うまくいけばあと2年くらいは生きられるかも」

そんなぁ、長くてもあと2年だなんて・・

「以前のレトリバーは何歳でしたか?」

ああ、パールは10歳で逝ったんだった・・

「ラブで15歳まで生きるこは珍しいでしょ」
「あと2年も生きられればもう寿命ですからね」

そんなこと言われても・・
何が何でも出来るだけ長生きしてほしい
エステルが逝ってしまうなんて今は考えられない

エステルが病気で苦しんだり
亡くなってしまうことなんて現実じゃない

しばらく頭がグルグルしていたけど
触診ではリンパも腫れていないようで
25日にレントゲンとエコーの検査で
転移の状態などを確認することになった

手術が有効であるようなら28日に手術をする予約を入れた

本日の注射 5回も針を刺されて可哀そうに・・
細胞診(穿刺検査) 
血液生化学検査一般(後ろ足から) 
皮下注射抗ヒスタミン剤 
筋肉注射ステロイド剤 
混合ワクチン接種

待合室には、もう、後から来たチワワだけ残って
み~んな帰ったあと、午後12時15分

薬の処方
ガスター
セファクリア
プレドニゾロン



帰宅してからはグッタリ寝ていました
熟睡
熟睡 posted by (C)緋佳


ガンへの免疫力を高める動物用の「AHCC」や「コルディM」を調べてみたけど
家族が服用している「シイタゲンγ」を飲ませてみようかと思う

予想もしなかった展開だし、まだ9歳
人で言えば、小学生でしょ~

寝姿
寝姿 posted by (C)緋佳

今までお別れした子たちのことも思い出されいっそう辛くなる

家族の病気が判ったときも泣かなかったんだけど
今日は家に帰ってから、どんどん涙があふれて泣くだけ泣いてしまった

冷静にならなくては・・

人も同じですけど、腫瘍は早期発見、早期治療が大事
たかが虫刺され?などと思わずに、早めに診断を受けることですね

このタイミングでワクチン接種のときがきたこと
滅多にしないシャンプーをしたこと
一度は帰りかけての再度の診察お願い
何かのときにはいつも守り導いてくださるお力に感謝します

-------------------------------------------------

迷子になった犬の情報を載せています
情報の拡散をよろしくお願いします
お家はどこ?(迷子の情報掲示板)

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

関連記事

Category : 2013年
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。