飛んでるユキムシ撮って見た 2013.11.9

白い小さな生き物がふわふわふわ
ちっちゃいけど、、、撮れるかな

小さくても一生懸命
ユキムシ
ユキムシ posted by (C)緋佳

どこに向かってるのかな
ユキムシ
ユキムシ posted by (C)緋佳

バンザイしてるみたいで可愛い
ユキムシ
ユキムシ posted by (C)緋佳

同じような写真ばかりですみません

このユキムシはアブラムシの仲間

ユキムシちゃん
ユキムシちゃん posted by (C)緋佳


ユキムシにもいくつか種類があって
一番一般的なのが「トドノネオオワタムシ

ここらへんで飛んでるのも同じ種類かしら~~

トドノネっていうのは、トドマツの根っこと言う意味で

トドマツは本州では青森までにしか生えていない

ということは、北海道の風物詩と言われているユキムシはどうなの?って思うけど

トドマツのかわりに別の木でも可能らしい・・・フンフン

ユキムシトドマツからヤチダモやアオダモに向かって飛ぶ・・・

ヤチダモは長野県以北に生えてるとのこと
うーーん、ここは条件的にギリギリかな~~
すこし高地なので生えてるかもしれません

アオダモは全国の高地に生えている

うんうん、なあるほど、、、


コオノオオワタムシ」というのもいるらしい

この子はエゾマツからヒョウタンボクに飛ぶんだって
ヒョウタンボクは全国に生えてるけど、エゾマツは難しいかな


いろいろ調べてみると
たかがユキムシ、されど彼らにも人生があるんだなぁ、って思う
かなり多難な人生のようで、はかない命です


体の表面にフワフワした雪のように白いものが
毛が生えてるようにも見えますが、これは体から分泌された
ロウのような物質で出来ているそうですワ、、、、ヘエ~~

ユキムシ

同時に飛んでる子たちの中でも
白いフワフワが多い子と少ない子がいます

このフワフワは土や水分から身を守るためと
飛ぶ時にふわふわと漂いやすくするためにあるとか、です

「熱に弱く人間の体温でも弱る」とのことで
指にとまったこの子、大丈夫だったかな

頑張ってヤチダモやアオダモに到達できるとイイね 

ユキムシは、いよいよ寒くなってくる証


-------------------------------------------------

迷子になった犬の情報を載せています
情報の拡散をよろしくお願いします
お家はどこ?(迷子の情報掲示板)

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

関連記事

Category : 2013年
Tag : ユキムシ
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。