アカボシゴマダラ(要注意外来生物)クモの子たち2015.9.26

雨の日のクモの巣
ちょいと風情があるかな

雨の日のクモの巣
雨の日のクモの巣 posted by (C)緋佳

邪魔にならないところは、そのままにしておいてあげよう


だけど、蝶々には迷惑千万でしょうねぇ

今日のご訪問
この蝶はアカボシゴマダラ
アカボシゴマダラ
アカボシゴマダラ posted by (C)緋佳

綺麗な姿ですけど、問題のある蝶々さん
この蝶々が悪いわけではない、悪いのは人間

実はこのアカボシゴマダラは、要注意外来生物
1990年頃、蝶マニアが不法に中国から持ち込み放蝶
それが原因で関東地方で急激に数を増やしている
歓迎されない蝶々となっています

日本の外来生物ファイル
『一部のマニアが中国から持ち込んで、増殖させた上で野外に放しているらしいことが、現在では確定的になっている。
 大きく美しい蝶が増えたことを歓迎する人もいるだろう。また、農作物に被害を与えることもないため、駆除の動きもない。だが、保全された里山に生息地を広げる昆虫の場合、市街地で勢力を伸ばす帰化植物よりも生態系への影響は大きい。アカボシゴマダラと食草を競合する在来種のゴマダラチョウはすでに追いやられつつあるという。
 ほんの一握りの人間によって、日本の生態系は簡単に破壊されてしまう。それを防ぐための罰則はいまの日本には存在しないのだ。』


侵入生物データベース(国立環境研究所)
『2010年以降は埼玉県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県へと関東全域に分布を拡大している.
近年,静岡県,山梨県でも目撃情報がある.』
『“放蝶ゲリラ”による人為的な放蝶によると考えられている』
『捕獲,啓蒙・啓発活動による移入・拡散防止』



蝶に罪はないけれど、
見かけたら、捕獲保護を実行、ですかね~
今日の子は、元気に素早く逃げて行ってしまいましたが。



庭のスダチの木にアゲハが、次々に卵を産み付けにくるんです
卵ちゃん、今日の様子は、どんなかなぁ~って見に行くのが日課

そのスダチの木に黄色いプツプツの塊があって
動いてる!

黄色いツブツブ
黄色いツブツブ posted by (C)緋佳

上部の枯葉みたいに見えるのが卵嚢か

撮って見たら、やっぱり~~

赤ちゃんたち
赤ちゃんたち posted by (C)緋佳

間もなくバルーニングが見られるのかなぁ~
小さい子ちゃんたち、旅立ちがんばれ~!



つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

 

関連記事

Category : 2015年
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。