夢が伝えるもの2015.9.28

夢は誰もが見ているもの
それを覚えているかどうかだけの違い

人は夢を見ることによって
脳が記憶の整理をしているとか・・

以下、本日覚えていた夢の記録↓


私ひとりで、夫の実家に帰省

家には、義姉、義妹、とその家族の面々らしき男の子たち、と義父

義姉と義妹が、なにやら台所でごそごそ、、、、夕飯を作り始めたのか?

ああ、だけど、それは私がやります~

長男の嫁として当然のことだもん!
お任せするわけにはいかない!と、焦る
私がやらねば~!

だけど、何を作ればいいかな、材料は何があるのかな、
今から買い物に行けば間に合うかな

と、思ってたら、赤ちゃんにミルクをお願い、と義妹に言われた

(ぎょ!ロボット赤ちゃんだ!)

「はい」と、赤ちゃんを抱っこして
ミルクを飲ませようとしたらお湯しか出てこない
哺乳瓶を見たら、ミルクが混ざってないじゃないですか

なので、ミルク瓶を上下に振ってミルクを溶かそうとしたら
ミルクが瓶からガバッと溢れて、私のズボンがびしょ濡れになった

「すみません、何か拭くのもを」

と、みんなにお願いしたけたら
男の子がテッシュを2~3枚投げてくれた

ああ、それじゃあ、なんの役にも立たない
ズボンはこれ一着しかないのに、帰りはどうしよう
びしょびしょのままで電車に乗って帰るのか?

まあ、仕方ない、と引き続き赤ちゃんにミルクを飲ませる

あっという間に、ミルクを飲みほした

(さすがロボット赤ちゃんだと感心する)

「終わりました~」と、赤ちゃんをお渡して、ミルク瓶を洗う

「どこにしまえばイイですか」

と、義妹に聞いたら

「置き場所はみれば分かるでしょ、」
「お母さんが、どこに何を置くのかちゃんと書いてあるから、」

と言われて、キッチンの棚を見てみると

確かに、どこに何を置くのか、キチンと記されている
お母さん、さすがだな~

だけど、ミルク瓶の置き場所は~?分かりません

「分からないの?」

むむむ、分からない、適当に置いちゃえ~


義父が
「今日はお見舞いに行くのかい?」と私に聞いた

「えっ、もう夜ですし、明日は帰りますし、ご遠慮しようかな」

と言ったら

義妹が「それはないでしょう」という顔をした

すっかり暗くなってるけど病院はいつまで開いてるのかな
病院っていったい、どこの病院?知らないんですけど・・
お見舞いは何も用意してないけど、どうしよう

義父が「花はダメだよ」

「はい、最近はお花のお見舞いはダメなようで、もちろ鉢植えもですけど」

どうしようか、悩んで、夫に電話で相談しようと思ったら

「携帯、壊れましたよ」と、男の子が私の携帯を渡してくれた

誰かが踏んづけちゃったみたい、でバラバラ

やだ~~どうしよう~~

バッグの中に入れてたはずなのに・・

それでもかけてみたら、変な男の人が出てチンプンカンプン
やっぱり壊れた携帯じゃあ通じないんだな、困ったなぁ~~

病院ってどこにあるの?
誰が入院してるの?
お見舞いが先?
夕飯作る時間なくなるよ?
外はもう真っ暗だよ~

ワラワラとパニックになってたら、玄関にピンポーン

「はーい」と出たら、お隣の旦那さん

「トマトが生ったから~あげるよ」

「今ちょっと立て込んでて、すみませーん」と言ったら

「そこらへんに投げておくから後で拾って~」だって

玄関前敷地内にトマト5個投げ込まれる、あらま!

(なんだよ~なんで、この場面で現実のお隣さん出てくるかなぁ)

↑夢、ここまで


義父、7年前他界
義妹、3年前他界


もっと楽しい夢をみたいものだけど
覚えている夢はいつも少し苦しさを伴う・・


つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

 

関連記事

Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。