アニマルポリス2015.10.8

アニマルポリス、と聞くと、心臓がどきどきする
わくわく感と同時に、空しい気持ちにもなる

相次ぐネコ惨殺、難しい捜査 アニマルポリスの可能性は
sippo 10月8日(木)12時30分配信
(以下↓一部転載)
『 惨殺された猫や不審死している猫が見つかった――という事件が各地でおきています。同じ地域内で連続して死骸が見つかるなど、同一犯による可能性が疑われるケースもあります。』
『ただ、動物の殺傷事件で犯人が検挙されて刑事裁判で有罪判決を受けるのは、不審死の報道の数に比べるとわずかであり、多くの事件では犯人が見つかっていないと考えられます。』
『このような状況を改善する方法として、欧米の一部で導入されている「アニマルポリス」(国や地域によって微妙に制度の内容は異なります)が日本にもできればいいのに――と望む人は少なくないと思われます。ただ、「海外に手本となる制度があるから日本にもすぐに採り入れるべき」という気持ちはわかりますが、一足飛びに導入というわけにはいかないのが実際のところのようです。』
『弱い者、声を上げられないものを標的にする動物虐待は、エスカレートして、乳幼児、老人、女性など相対的な弱者に向かう可能性があることについては、誰も否定できないでしょう。近所で猫の不審死が続けば、誰しも不安な気持ちを抱きます。
 その意味で、動物虐待事件は、動物好きの人たちだけに関係がある事柄というものではなく、地域全体・社会全体で、継続的に取り組む必要のある問題といえるでしょう。』



未だなかなか実現には至らないけれど
アニマルポリスの実現を夢見て、、、
2006年から情報発信をしてきた旧エステルの生活
(動物愛護のカテゴリにリンク、最近はほとんど更新なし)

お手伝いしてきた 「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」
事情により、活動半ばにして現在休止中
未だに心残りで、無念で、他の活動には参加できない

でも、「アニマルポリス」という言葉が
この記事のように↑使われるようになったことだけでも成果だと思う

あっ、それから、環境省のエステル&キングのポスターもね
(現在は、環境省と警察庁←ポリス加わり)


価値あるHPはすでに削除されましたが←寂しい
ブログのほうは、まだ残っています
アニマルポリスを誕生させよう!


私が生きている間に、アニマルポリスが実現するでしょうか



以下、2006年の記事より転載↓
アメリカで実際に活躍のアニマルポリスさんたちの言葉です

* 動物を虐待するような人は 配偶者や子供に暴力をふるうケースが多いので、それを未然に防ぐ必要があります。

* アメリカでも動物虐待を凶悪犯罪ではなく器物破損のように物扱いしている傾向があるので、人を傷つけたような厳しい判決はでません。しかし、私は子供のように抵抗できない動物に対する犯罪はさらに厳しく処罰すべきだと思います。

* 人が殺された事件もペットが殺された事件も、事件としては同じです。もちろん社会に貢献している人間の方が価値があると言えるでしょう。でも、ペットもある人にとっては親友であり良きパートナーとして貢献しているのです。ですから、ペットに対して尊敬の念をもって接するべきだと思います。

* ロス市では、犬を鎖に繋いで飼うことを禁じています

* 私たちの良きパートナーであるペットはものを言うことも抵抗することもできない弱い存在。その小さな命を守るべき飼い主が、その責任を放棄することこそ最も深刻な虐待なのです。

*被害者は人でなく犬だがこれもれっきとした事件だ

*犬が苦しんでいるのを知っていて放置していた、動物にも治療を受ける権利がある

*犬でも人間でも命の重さは同じなんです、生物の命を軽んじる行為は許されるべきじゃない

*動物の命を軽く考える人間は人命も尊重しないでしょう、放っておくと危険です

*野生動物の中には害を及ぼすものもいます、でも、共存はできるはずです

*なぜ飼い主の一家がこの犬が痩せこけているのを気にしないでいられたのか、理解に苦しみますね

*子供が病気になってお医者さんに診せない人はいない、
病気になった動物を獣医にみせることは飼い主として最低限の責任

*こんな愛らしい犬たちを虐待するなんてね、餌を与えられないなら里子に出すべきです

*寒さの中暖房もなしでほったらかしにするとは 信じられない

*大事なのは動物たちが幸福だということ

*人間は基本的に善良であると信じたいが
どうして、こんな衰弱するほどまでほっておけるのか、信じられない

*飼えないならば里子にも出せるのに死んだらゴミ扱い こんな行為は許せない

*家で飼っている動物を殺すという残忍な行為はとても理解に苦しみます

*昔から動物は大好きです。この仕事のことを知って興奮しました
まさに天職ですよ。やりがいのある仕事を見つけたと思っています
でも動物に対する愛情だけでは務まりません

*われわれの任務は動物虐待の理由を突き止め、早急に犯人を逮捕することです 

*この仕事は状況を正確に把握し冷静に判断することが必要です

*犯人逮捕が無理でも最低限 犯行を止めたいです
一番大事なことは地域協力して再犯を防ぐことです

*治療して、はいサヨナラ、ではなく、犬に適した里親を探すことも私たちの務めです

*私は幸せです  この町に住む哀れな動物たちを虐待から救えるんですから、、、
私が一番やりたかった仕事です

*犯人の逮捕だけでなく 指導、教育、そして努力する人々の手助けも我々の仕事なのです



アニマルポリスという職業に憧れます~
この仕事のことを知って興奮しました まさに天職ですよ
やりがいのある仕事を見つけたと思っています

羨ましいなぁ~
でも、私のようなヘタレでは務まらないでしょうね


責任を放棄することこそ最も深刻な虐待
アニマルポリスさん、きてくださーい
ネグレクト

アニマルポリス・ホットライン(兵庫県)
◎動物虐待事案とは
◦犬や猫などを殺したり傷つけたりする行為
◦犬や猫などに餌を与えず衰弱させる行為
◦犬や猫などを捨てる行為

・・って、書いてあった

餌を与えられてれば良いってもんでもないが、、、、
ネグレクトを救うのはなかなか難しい

とにかくアニマルポリス
実現すると良いなぁ~~


・ニュース記事リンク切れのときはコチラ


つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

 

関連記事

Category : 動物愛護関係
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。