FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 緋佳 on  |  web拍手 by FC2

盲導犬を怒鳴って蹴り上げた動画拡散で考える

盲導犬を怒鳴って蹴り上げた「八つ当たり」動画拡散で考える、虐待と訓練のはざま
10/26(木) 4:00配信

動画が見られます⇒こちら


いろいろと受け取り方はあると思うのですが
動画を見たときの私の印象として

最初に感じたことは、

「犬が幸せそうではない」
「仕事することが嬉しそうでない」

ということでした

蹴られる前のおびえた様子
恐怖を感じているような目

蹴ったことがどうのこうのと言うよりも
もう、この時点で「ああ~これは!」と感じた


お仕事はたのしくね~しっぽフリフリね
エステル


日頃からの信頼関係が築かれていて
飼い主さん大好きの気持ちがあれば
多少の叱責があっても、
それが例えば脚を使ったものであったとしても
尻尾フリフリで歩くはずだけど・・
歩き方もしょぼくれて意気が感じられない


その盲導犬は協会が引き取ったという話ですが

これにも違和感を覚えました

一緒に生活をしていた犬を
そんなに簡単に引き取ったり手放したり、出来るのですね


盲導犬とユーザーさんは強い絆で結ばれたパートナー
という印象での盲導犬の話は美談として紹介されるけど
そうではないケースもあるのが現実

もちろん、幸せに暮らしている盲導犬のほうが多いとは思うのですが


盲導犬って単なる道具ではないのですから
人のために尽くしてくれるのですから
盲導犬を希望するユーザーには厳しい条件が課せられて当たり前ですよね


盲導犬を使わなくても、目の代わりになる技術が発達してほしい
生きている犬じゃなくて、ロボットが出来ればいいんじゃないかな~
と、常々、思っています



つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

関連記事

Posted by 緋佳 on  | 4 comments  web拍手 by FC2

-4 Comments

緋佳 says..."フェンディママ さんへ"
こんばんは~
盲動ロボット、犬に似せてるのは、なんかかっこ悪いですよね
盲動ロボットは、盲導犬を意識してか、犬の形に似たものが多いですが
本当にそれが利用しやすい形かどうかは疑問なところです
身の回りの情報を身体に伝えられるような技術があれば
犬の形にこだわる必要はありませんよね
自動車も自動運転が出来るくらいなのですから
早く盲動ロボットが実用化されると良いと思っています
2017.10.28 21:05 | URL | #- [edit]
緋佳 says..."ぷーどる♀さんへ"
そうですね、蹴られる前からおびえた様子でした
歩き始めてからも尻尾をまるめたままでしたね
蹴ったかどうか、ということよりも
そういう雰囲気から信頼関係が築かれていないことがうかがわれました
もう、そろそろ盲導犬に代わるロボットが実用化されても良いのでは、と思いますが
実用化に進まないのは、生きている盲導犬に勝るものなし、なのでしょうね


2017.10.28 20:51 | URL | #wjP5N2HU [edit]
フェンディママ says...""
こんばんは
盲導ロボットの開発、いくつか手掛けている企業がありますがなかなか進みませんね。
技術の問題だけではないのだと思うのですが。
盲導犬を取り巻く事情
見聞きするほど美談からかけ離れて行きます。
ユーザーの方々のためにも
寿命ある犬より精密なロボットに命を預けることのできる時代が早くくるべきなのではないでしょうか。


2017.10.28 01:11 | URL | #9dA1TShk [edit]
ぷーどる♀ says...""
うちの動画、小さくてよく見えなかったのですが
この盲導犬は、
蹴られる前、おびえた様子だったのですね。
人前ですら、ああいう扱いをされているのだから
人目のないところでは、どんな扱いをされていたのかと思うと
本当に腹が立ってきます。
こういうユーザーは、一部なのかもしれないけれど、
そして、それに心痛めてる協会の人もいるのかもしれないけれど、
犬の力を借りておきながら、その恩をみじんも感じていない
ユーザーや協会の人がいるなら、「盲導犬」は廃止にしてしまえ、と思います。

盲導犬の代わりに、協会の人がヘルパーさんを育成したり
ロボットを開発したりして欲しいです。

2017.10.27 12:19 | URL | #M3o3L/jM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。