実験動物と動物愛護法

【動物実験とは】 日本の大学の実態
 

 

現在、動物愛護法改正が検討されていますね
その中で、実験動物に関しても難しい問題となっているようです

私には動物実験に関する専門的なことは全く分りませんが

動物愛護法は、動物実験に反対するものではありません
あくまで実験動物の福祉を進める法律なのです

必要な実験ならば、可能な限り動物たちの苦痛が減りますように
もし不必要な実験ならばやめてほしい
そして苦しむ動物たちが出来るだけ少なくなりますように
と、願うのは、人として当たり前のことと思います

愛玩動物と実験動物は、その飼養目的は全く違いますが
愛玩動物も実験動物も動物たちが感じる痛みや苦しみは同じです
実験用の動物も動物愛護法が対象としている同じ動物として
虐待などから守ってあげなければなりませんよね

「動物の福祉」という理念はどんな動物に対しても持ちたいものです

人間のために命の犠牲を強いられる生き物だからこそ、
福祉をきっちりと担保してやらなくてはいけない
(議事録内の言葉より)
中央環境審議会動物愛護部会
動物愛護管理のあり方検討小委員会(第21回)議事録


提出資料も読めます議事要旨
 

埼玉県保護収容動物情報
迷子のワンチャン捜しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ  

毎日新しいお買い得情報を自動更新
  
 

関連記事

Category : 動物愛護関係
Tag : 法律
Posted by 緋佳 on  | 0 comments  web拍手 by FC2

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。