くま牧場のこと2012.4.20

<秋田クマ牧場>4頭脱走し射殺 女性従業員襲われ重体か
毎日新聞 4月20日(金)12時14分配信

20日午前10時5分ごろ、秋田県鹿角(かづの)市八幡平の「八幡平クマ牧場」から、女性従業員がクマに襲われたと119番があった。県警や消防によると、午前10時半ごろ、女性従業員がオリの中で倒れているのを確認したが、安否は不明だという。また別の女性従業員は足をかまれ重体の模様。

 ヒグマとみられる4頭がオリから脱走して敷地内を徘徊(はいかい)していたところを地元猟友会が射殺した。襲ったクマは成獣とみられる。

 クマ牧場は秋田県と岩手県の県境近くにあり、2~3キロ離れたところに集落がある。鹿角市は周辺の道路を封鎖し、警察や消防が警戒している。最寄りの小、中学校は現場から約17キロ。市総務課によると、各小中学校には連絡済みだという。

 動物園などのクマが人を襲った例としては、05年に「富士サファリパーク」(静岡県裾野市)で、飼育舎からクマを外に出す作業をしていた従業員2人がヒグマ2頭に襲われ、うち1人が死亡した。



なんとも痛ましい事故です
事故に遭われた皆様へは心よりお見舞い申し上げます


・・でも、こんな時に申し訳ないのですが
かねてより「くま牧場」には問題があると思ってました

コンクリートで囲まれた飼育環境
習性を考えていない過密飼育
弱い熊はエサを摂れない
ケンカで怪我をして治療はされているのだろうか

夏でも日陰なしの広場
冬は高圧放水による掃除で床は凍る
そうでなくても濡れた床は不衛生

ストレスだらけの環境で
見世物として悲惨な一生をおくらねばならない熊たち
大自然に帰ることは不可能だとしても
閉じ込められて生きてゆかなければならない熊たちへの
思いやりやその偉大な命への敬意はどこにあるんだろうか

限られた場所でも出来るだけ快適に過ごさせてやるのが
人としての責任じゃないのだろうか

そういう「クマ牧場」を訪れて
喜んでいる観光客にも問題があると思う

痛々しい熊たちを見て何が楽しいのだろうか・・

私は、熊たちの一生を想像するだけで胸が痛みます



【追記 4/23】
参考八幡平クマ牧場の問題(ALIVE HP)


埼玉県保護収容動物情報
迷子のワンチャン捜しています

つばめのおうちは家の中

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ  

毎日新しいお買い得情報を自動更新
  
   

関連記事

Posted by 緋佳 on  | 2 comments  web拍手 by FC2

2 Comments

緋佳 says..."ちゃたろうさんへ"
お母様も仰ったこと、本当にそのとおりですね。テレビで「動物愛護法という法律があるのに、なぜこんな劣悪なクマ牧場が許されているのか」と言ってる方がいました。この事件をきっかけにクマ牧場の問題を皆が知って、改善へのきっかけとなると良いですね。改正される動物愛護法によってどう変わるのか、気になるとことろです。
2012.04.22 23:46 | URL | #- [edit]
ちゃたろう says...""
私も同感です。本当に痛ましすぎるニュースです。
被害にあった方はもちろん、劣悪な環境で生かされる
熊達もみんな気の毒すぎます。動物を飼育する人間は
生態をよく研究し環境を整える責任がありますよね!
子供のころ十姉妹を飼うときに母に言われました。
動物はあなたの都合でそこに暮らすのだから清潔にして
お腹空かせるなんてこと絶対にないように責任持ちなさい
と。それは今でも守っています。ですから、こんな事件は
本当に許せません!
2012.04.22 17:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。